おいしい健康 開発者ブログ

株式会社おいしい健康で働くエンジニア・デザイナーが社内の様子をお伝えします。

おいしい健康の開発者、本格募集をはじめました!

f:id:oishi-kenko:20170630111418j:plain

おいしい健康で開発全般を担当している関口です。 こんにちは!

4本目の Tech Blog で、さっそく求人のことを書くのはどうなのよ?と自問自答を繰り返しましたが、やっぱりみなさんにお知らせしたい!ということで、おいしい健康で開発者(デザイナも!)の本格募集を始めたお話です。

求人内容のご紹介

今回の求人への思い(番外編)

他社のたくさんの原稿があるなかで、少し毛色の異なる求人なのかなと思っています。

おいしい健康では、どんな思いで日々開発を進めているのかを大切に書かせていただきました。 一方で、福利厚生や待遇面については文字数制限の兼ね合いもあり、控えめに書いています。

まだまだ小さい会社です。はたらきやすさ。というのは、全社員で話し合っていく余地が十分にあり、正しく主張していくことでどれほどにでも働きやすくなっていく環境にあります。どうかその点は心配しないで、来ていただきたいと思っています。

働きやすさの一方で、正直、求めているスキルはすこし高いのかもしれません。 それぞれのスキルや軸がしっかりしているからこそ、その信頼の元にはたらきやすい環境を築ける。というのが僕の理解です。

会社が立ち上がってからの、初めての採用活動です。 いただいた書類は、ていねいに見させていただきます!

面白そうだな、なんか違うな、へーッ。と思ったかた、それぞれの感想があるかと思いますが、共感いただけると一人でもおおくお会いできることを楽しみにしています!

誰のための何のためのデザイン?

おいしい健康のデザイナー深澤です。 昨日wwdc最後の日を終えて、明日帰国します。

実は今回私にとって初のアメリカ旅でした。 正直、渡航前の私はよく知りもしないくせに勝手に、アメリカはすごく合理的で粗野で…とマイナスなイメージを描いていました。デザインに関しても、本当に失礼なのですがあまり期待していなかったというか…得られるものがあまりないんじゃないかとか思っていたんです。 ですが、そういう考えをしていたのが恥ずかしいくらい大きな気づきがありました。 いろんな国の人がいろんな言語を喋り、違う信条で生き一緒の場所で暮らしていくための生活やコミュニケーションの工夫や努力にただただ感動したのです。 それはもちろんwwdcの会場でももちろん感じたのですが、会場の一歩外を出たときにもっとひしひしと感じました。 日本にいるときは、まあこれが普通だよねと「普通」に頼って生きる生活をしていますが、きっとここにきたらそういうスタンスでは生きていけないなと。生活をしていて人との違いに目を向けずにはいられない環境なのです。言葉も見た目も宗教も何もかもが違う人々が同じ環境で生きていくにはどうしたらいいのか、否が応でも考えずにはいられない環境です。

Appleのデザインの考え方にもそういう考え方が現れているんじゃないかと思いました。 いかに「普通」に頼りすぎず様々な人が自分らしく生活できるようにするのか。iPhoneをもし使えない人がいたら…盲目の人や操作が難しい人がいたら…。 いろんなセッションで、Human Interface Guidelineにある「Dynamic Type」という言葉が出てきていたのですが、これはつまり基本設定の文字の大きさをレイアウトに制限を受けずにレスポンシブに表示変更できる、ということです。年配の方や弱視の方もきちんと見えるようになる、ということです。 また、盲目のロッカーがiPhoneのVoiceOverでバンド活動をして音楽を楽しむ生活や、事故の後遺症で肩から上しか体を動かすことができなくなってしまった人が舌でiPhoneを操作し、HomeKitなどを利用して家族と犬と楽しく生活する姿を写した動画を見たりお話を聞くこともできました。

つい開発者が自分の中にある視点だけでものづくりをしてしまうと、そのことだけにとらわれ、例えば見た目をよくしたいということや使い勝手を簡単にしたいというような手っ取り早く簡単に変える方法を第一にしがちですが(もちろんそれも間違いではないし素晴らしいこと)、本当にその人のためになり毎日使いたいと思われ喜ばれ続けるものを作るとしたら…それはそういう表層のことだけではカバーできないのではないか…と改めて思いました。

たくさんの人の話を聞く必要があるし、その人たちの生活や考えや悩みを理解する必要があります。そしてその前に自分がどんな人のどんなことを助けたいと思うのか、きちんと大きな目標を明確にし、たくさんその人の悩みについて研究し、話を聞きに行き理解しようと努力することが必須だと思いました。それなしにデザインはできないなと。

おいしい健康であれば、「世の中の病気で困っている人や健康な人が、毎日のおいしい食事で薬や病院に頼らず健やかでいれる」という目標を実現するために、その人たちの悩みについてものすごく研究する必要があるし、その人たちの日々の話を聞いて理解する必要があります。 おいしい健康は、日々それらを努力をしているつもりでしたが、今回いろんな人と出会うにつれ、まだまだまだ全然理解が足りていない!と改めて思いました。

たくさんの気づきに溢れた出張の機会を与えてくれたwwdcに本当に感謝です。 また、この旅の途中で出会いたくさんいろんなことに気づかせてくれた方々にも感謝です。 おいしい健康は、この学びを糧により一層パワーアップしていきます!

ためになる開発トークではなく、気持ち重視のブログになってしまいましたが、このアウトプットをしないとなんだかこの旅が昇華しきれないような気がしたので投稿します。

来年の今頃またこのブログを見返そう。 来年はアプリを引き下げて必ずこの地に戻ってくるぞ! またね、サンノゼ

f:id:oishi-kenko:20170611173932j:plain


おいしい健康で一緒に働きたい方を募集中です!

おいしい健康エンジニア・デザイナ募集中

iOS11 から AppStore のデザインが変わる..! ので色々気をつける所ありそう

f:id:oishi-kenko:20170608102531p:plain

おいしい健康でエンジニアをしています関口(@tanukiti1987)です。 前回の記事WWDCの話題が上がりましたが、僕もWWDCに来ています!

Yey!

サンノゼは、東京よりも朝夜が特に肌寒く、一枚多く羽織る感じです。 そして、WWDC会場内は一層寒く、凍えながらセッションを聞いています。

周辺の人たちがたくさんの記事を上げていると思いますので、僕からは今回発表されたAppStoreのデザイン変更について感想を書いていきたいと思います。

Awesome!

ちなみに写真は朝食のドーナッツです。 参加者は朝早くに会場入りし、列の横にあるドーナッツやコーヒー、パンや果物を手にしながら、長い長い行列を待つことになります。初日こそ、勇み足で食べていたのですが、徐々に甘さに耐えられなくなってきたところでした。

Redesign App Store

f:id:oishi-kenko:20170608154839p:plain From WWDC 2017 Keynote

iOS11からアップストアのデザインが大きく変わり、タブの内容は

  • Today
  • Game
  • App
  • Update
  • Search

の5つになるようです。

とりわけ目を引くのが Today タブです。

このタブは世界それぞれのリージョンで、Editor と呼ばれる人たちというかチームが厳選するアプリをフィーチャーしたり、様々なコンテキストで必要になるアプリをまとめて一つのカードにし、アプリを探しやすく、ダウンロードしやすくするようになるみたいです。

これらのカードは日ごとに更新され、日々新しいコンテンツを配信してくれるようです。

先程から出てくる カード というのをタップすると、より詳細なコンテンツが見られるようになります。

f:id:oishi-kenko:20170608155341p:plain From WWDC 2017 Keynote

大きなタイトル、サブタイトル、キャッチコピーが書かれたアイキャッチが目に入り、以下にテキストやイラスト、動画が含まれていきます。

これらのページを最初に見たときには、とてもサードパーティーがiTunesConnect などを通して投稿できるものではないと思ったのですが、ここは Editor が実際にアプリをチェックし、そのアプリのストーリー性やユーザビリティをレビューした上でコンテンツを作っていくようです。

我々サードパーティーとしては、アプリにきちんと文脈があり、フォーカスされた目的があり、一見してわかりやすいことがより強く求められるようになるようです。

Keynote 時点から画面の内容は変わっていくのかもしれないですが、やっていきを感じざるを得ません。

やっていこう。

f:id:oishi-kenko:20170608160547p:plain

From WWDC 2017 Keynote

ちなみに動画が自動再生されて、アプリの紹介がされるところも多くあり、アプリの紹介動画やコンセプト動画を作ることは非常に重要になってきそうな気がしました。

あらゆる方面で、正しくアプリを作ることが求められ、AppStore の玉石混交の世界がより玉が多くような世界を目指しているのかなと思います。

たくさんの要素技術が発表されている場でもあるWWDCですが、朝から夜まで出ずっぱりなのでなかなか実際に手元で試してみることができないのですが、早く落ち着いて他の話も書いていきたいですね!(CoreML とか Xcode9 とか)

明日を含め、残り2日! 非常に学びの多い場ですので、出来る限りたくさん吸収して日本に帰ろうと思います。

それでは (^_^)/~

WWDC 2017 に参加しました!【1日目】

f:id:oishi-kenko:20170606162323j:plain

おいしい健康のデザイナー深澤です。 一番最初の記事がWWDCの参加レポートで嬉しいです。 WWDCとは、Worldwide Developers Conferenceの略称で、アップルが毎年開催している開発者向けイベントです。 今年は、弊社エンジニア2人とデザイナー1人が行けることになりました。

1日目の目玉は、何と言ってもkeynoteです。 ティム・クックが生で見られる機会なんてなかなかない!ということで張り切って朝5時半に起きて7時には会場に行ったところ、 すでに会場の外の角を曲がったところまで列がズラリ! ですが、始終アップルスタッフがテンション高めに歓迎してくれたので、長い待ち時間もワクワクしながら臨めました。

f:id:oishi-kenko:20170607025520j:plain

この列に並んでいる左右に、コーヒーやパン、フルーツがところどころに並んでおり、待ち時間兼朝ごはんを食べれて感動です。

そして3時間ほど待って、ついにkeynoteです!

f:id:oishi-kenko:20170607025957j:plain うお〜世界のギークたちが集まっている・・・!

f:id:oishi-kenko:20170607030046j:plain 生ティム・クック!

今回の発表では、主に以下の6つのことが発表されました。

1. tvOS

2. watchOS

  • watch FACE
    • Siriがあなたに合った情報を提供
    • 文字じゃなくて画像がいいときは、写真から色をとってきて、その色で万華鏡のスタイルに
    • watchfaceにトイストーリーのキャラクターが追加

f:id:oishi-kenko:20170607032253j:plain この壁に写っているものが万華鏡スタイルのイメージです。

  • アクティビティ

    • 自分の目標に対して、もう少しで達成できそうなことや、今日の目標をサジェストしてくれる
    • ワークアウトの時に欲しい情報が見やすいUIに(心拍など)
  • ミュージック

    • UIが変わって選びやすく、そして自分の好みの音楽を学習してくれる

3. Mac

  • Sierraをさらに高機能にしたHigh Sierraが出ます
  • safari
    • 以前より格段にスピードアップ
    • 動画の自動再生を止めます
    • 広告のトラッキングをブロックする仕組みができました
  • Metal2が出ます

4. iOS

  • App Store
    • トップが「今日のおすすめ」みたいに1件ずつのレコメンドになる(エディターズチョイス)
    • ゲームタブが単体でできる
  • MessageアプリでApple Payが使えて個人間でお金の支払いができる
  • AR(拡張現実)の充実
  • コントロールセンターのデザインが変わり、全てが1ページにまとまる
  • Map
    • 空港やショッピングモールの中のフロアマップも参照できるように
    • ドライブ中ではモードが分かれて、その他アプリの通知が消える仕様に

5. iPad

  • 使い勝手の改善
  • ドラックアンドドロップができるようになり、別のアプリケーションにドラックして添付できる
  • ファイルの概念ができ、複数ファイルを選択してファイルに保存できる
  • Apple pencilが進化

6. HomePod

  • 音楽に特化したSiri付きステレオ

以下、個人的な感想です。

全体的なプロダクトのスペックが上がった!というのと、HomePodとML、VR/ARに力入れてます!というのが全体を通して伝わってきました。 どちらかというとエンジニアリング観点からできることをどんどん拡張したのが今年のアップデートなのかな、と思いました。 今年はたくさん技術を駆使してよりいいプロダクト作ってるよ〜という勢いを感じました。 あと、純粋にゲームへの熱を感じずにはいられませんでした。

私たちの会社はヘルスケア分野なので、 この間ティム・クックが血糖値をwatchで測っているのでは?という記事を見かけて、 もしかして、今回もう血糖値測れるようになったんじゃ?!期待していたんですが、今回ではなかったみたいです。 次回に期待!そしてそれまでに私たちも自分たちのアプリを完成させて、連携していきたいです。

デザインの観点からいうと、少しシンプルという方向性よりも複雑さを感じるようになったのは私だけでしょうか? ゲーム頑張っている感じから勝手に感じ取ったのかもしれませんが、watchの万華鏡スタイルとかも結構シンプルとは離れているなあと、全体的なインターフェイスが複雑化している印象でした。

2日目からはDesign Studio Shortsというデザイントークが毎日あるので、そちらもこれからレポートしていけたらです!


おいしい健康で一緒に働きたい方を募集中です!

おいしい健康エンジニア・デザイナ募集中

corp.oishi-kenko.com